先日のセ・リーグのCS(クライマックスシリーズ)で横浜DeNAベイスターズが広島カープを下し、日本シリーズへの出場権を手にしました。


ただ、このCSの制度、やっぱり腑に落ちないんですよね。(言っておきますが、私はカープのファンではないです。決して負けたからどうだとかそういうことではないです。ただの一人の野球ファンとしてそう思うだけです)

以下、CSが納得できない理由を書いていきます。


現行のCSでは1stステージでペナントの2位と3位が2勝先取の試合をし、その勝ち抜けた方と1位が4勝先取で試合をして、勝った方が日本シリーズに出られる。ざっくり説明するとこんな感じです。

もちろん1位のチームにはアドバンテージもありますし、それなりに有利になるように設定されているんですけどやっぱりこの制度はスッキリ納得のいくものではないですね。

納得いかない最大の理由として、約半年間143試合を行って順位を決めたのにも関わらず、わずか数試合で日本シリーズの出場を奪われてしまうこと。
ネットの意見の中には負けてしまうのが悪いという声もありますが、プロ同士の試合です。少しの調子の良し悪しで勝敗なんてものはひっくり返ってしまいます。
「1勝のアドバンテージに加えて、1st通過チームが裏ローテで始まるなどハンデがあるじゃないか」なんて声も多いですが、1位チームの試合勘が空いていることを考えると1stステージ通過チームが裏ローテから始まることは特段有利だとも思えないです。


こんな歪な制度でもやるからには当然CSのメリットもあります
・消化試合が少なくなる
・短期決戦の面白さ

高校野球の人気が高い一つの理由として負けたら終わりの一発勝負だからというのがあると思うんです。そういう意味では短期決戦の面白さは野球の醍醐味でもあるんですよ。
だからせっかく短期決戦の面白さを味わえるCS、もう少し納得のいく制度に代えられないかなと。

例えば3チームずつ東西の地区にわけてそれぞれの1位が日本シリーズをかけて戦うとか…でもそれだと消化試合の問題が響いてくるんですよね……
となるといっそのこと、1リーグ制にして3地区+ワイルドカードの方がスッキリするかもしれないですね。これはほぼメジャーと同じ仕組みです。





歪な制度でありながらも球場はお客さんで満員になってるCS。ただ、私のように納得いかないという人も多くいるはずです。
今は満員でもこんな不自然な制度を続けていればファンも離れていくかもしれません。
確かに一発勝負の短期決戦は面白いです。ペナントの143分の1の試合では味わえない興奮があります。


しかし!だからこそ!NPBには見ている人みんなが納得できるようなCSにしてほしいと切望します!!